生命現象の動的平衡の回復をめざして

対策ナウ

月 日 題 名 詳細
2011.3.31 いま、母乳が危ない? 今すぐ母乳の放射性物質の検査を実施すべき。 食と環境の未来ネットの村上喜久子さんより、母乳検査へのご協力の呼びかけが届きました。→全文はこちら

*先日、福島の農民から、次の電話が届きました−−今、福島の原乳は出荷停止。でも乳を出すメス牛の餌は米国の濃厚飼料。日本の畑から収穫した牧草でない。
 それが放射能汚染なら日本の畑の野菜を食べる人間のお乳はどうなの?
 本日、Twitterで、福島県内で母乳から放射性物質が検出されたという個人情報が発信されました。→こちら。
 25年前のソ連のチェルノブイリ原発事故の時も、3週間後の日本で母乳から放射性物質が検出されました(当時の新聞記事)。
 米国の濃厚飼料しか食べない牛の乳でも放射性物質が検出されたのなら、チェルノブイリ事故で日本でも母乳に放射性物質が検出されたのなら、
 福島原発事故で、母乳が基準値を超える放射性物質で汚染されているのではないかと疑われても当然です。
 今すぐ、母乳の放射性物質の検査を実施し、安全性を確認すべきです。


市民の、市民による、市民のための原発事故対策(その1)に戻る。